30代から使用する化粧水の選び方

肌は、30代になると急激に衰えていきます。

これは、それまで肌の美しさを保っていたヒアルロン酸とコラーゲンとが失われていくからです。

ヒアルロン酸には水分を保つ性質、コラーゲンには肌に弾力を与える性質があります。

それらが失われていくことで、肌はカサついたりたるんだりしていくようになるのです。

そのため30代で使用する化粧水は、選び方に気をつける必要があります。

まず、保湿効果や弾力を与える効果のある化粧水をランキングで選ばなければなりません。

そうしなければ、水分も弾力も失われていく一方になるからです。

次に、できるだけ刺激の少ないものを選ぶことが肝心です。

これは、ヒアルロン酸とコラーゲンの減少により、肌が荒れやすい敏感な状態になってしまっているからです。

その状態の肌に、刺激の強い化粧水を使用すると、肌が炎症を起こしてしまいます。

すると赤く腫れてかゆくなったり、乾燥やたるみがますますひどくなったりするのです。

低刺激の化粧水は色々とありますが、最も多いのは植物性の美容成分やオイルから作られている無添加のものです。

一般的な化粧水には、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤、そして香料なども配合されています。

それらは使用を続けることで肌に蓄積され、肌荒れを誘発する可能性があります。

その点植物性の無添加の化粧水は、安心して使い続けることができるのです。

化粧水は、肌の質の低下を抑えるために毎日使用するものですから、効果だけでなく安全面も重視しなければなりません。

30代になると肌の刺激も考えて、オラクル化粧品のような肌が敏感になっている時でも使える化粧水を使う人が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>